ビジネスローンは同時に何社も審査や融資は可能?

まとまった金額が必要な場合など、何社からもビジネスローンを借りたい場合の、審査の考え方を知っておきましょう。

融資額が足りないときがある

必要な金額は、できれば1社からの融資でまかないたいものですが、実際に融資可能な金額はローン会社の審査によって決まるため、自社が必要とする金額に満たない場合があります。たとえば、ホームページには500万円までと記載されていても、審査の結果、「200万円までなら融資できる」といった場合です。しかしながら、運転資金というのは、「少し融資してもらったところで、1円でも不足するのなら、まったく意味が無い」ということがあるのも事実です。必要額をしっかりと調達するにはどうしたらよいでしょうか。

複数のビジネスローンからの融資は不可能でない

融資額が足りないときには、別のビジネスローン会社に再度融資を依頼することになりますが、これは可能なのでしょうか。何社からも借りられれば融資限度額の上限はないも同然ですが、実際には、信用情報はローン会社の間で共有されていて、何社からも借りると、徐々に審査に落ちる可能性は高まってきます。

とはいえ、審査は厳しくなるものの、複数のビジネスローンから融資を受けることが不可能であるということではありません。というのも、通常の銀行融資でもそうですが、ある銀行や消費者金融が1社に貸せる金額である融資枠は、他の銀行やローン会社から借りている金額とは別で管理されています。このため、審査が厳しいと言っても、融資額が上限に達しているという意味で、門前払いのようにして審査が却下されるわけではありません。別のビジネスローンに審査を頼めば、新たな融資枠を獲得できる可能性は十分にあります。

同時申し込みは控えた方がいい

審査に落ちる可能性を心配して、何社にも審査を依頼すればいいと思われるかもしれませんが、同時申し込みは控えたほうがよいでしょう。信用情報機関では、融資の記録だけでなく、「申し込み記録」も共有されています。同時に何社も審査を申し込みをすると、ローン会社の担当者にはまるわかりですし、何社からも借りたいのは「資金繰りが相当悪化している」「多重債務状態に陥る危険が高い」と判断される可能性が高いです。

ローンを何社も申し込んだ挙句、審査に落ちた場合には、その履歴も残ります。否決履歴が多いと、マイナスの評価となります。審査を通すために、何社にも申し込むのは諸刃の剣と言えます。