ビジネスローン返済方法の種類と選び方

ビジネスローンの返済方法について知っておきましょう。返済方法は、ローン会社によって違いますし、ローン会社によっては、いくつかの返済方法の中から、自分で返済方法を選ぶことができます。返済方法には、それぞれにメリット・デメリットがあり、返済方法によっては返済時に資金繰りに困るものもあります。ビジネスローンを選ぶ際の比較ポイントとして返済方法について簡単に抑えておくとよいでしょう。

返済方法について

代表的な返済方法と、その返済方法のポイント(期間や総返済額の観点)を知っておきましょう。

残高スライドリボ払い

別名:残高スライドリボルビング方式、元金定率リボルビング返済。消費者金融やカードローンでおなじみの「リボ払い」です。リボ払いでは、毎月一定額を返済するため、借りた金額により利息と元本の割合が違ってきます。メリットは、毎月一定額を返済するのでわかりやすく、返済計画が立てやすいということ。デメリットは、延々と支払いを続けていき感覚が麻痺する可能性があることです。

元利均等返済

毎回の返済額が一定になる返済方法です。毎回の返済額が同じで、わかりやすいので、返済計画が立てやすいのがメリットです。また、元金と金利の割合も返済終了まで一定です。一般的に「元金均等返済と比べ元金の減りが少なく返済までの期間が長い」と言われていますが、そもそも元金均等返済を選べないので、これを比べても仕方がありません。

元本一括返済方式

返済期間中は金利だけを支払い、元本は満期日に一括して返済する方法です。ビジネスローンなど法人向けのローンに特有の返済方法です。他の返済方式だと、翌月にはしっかりと返済が始まりますので、せっかく融資された資金の一部をすぐに返済にまわすことになってしまいます。そのため、翌月以降の資金繰りを考慮して融資額を決める必要があります。一方、元本一括返済の場合は最終満期日に元本を一括で返済するので、借り入れた金額を、フル活用できるのがメリットです。

ret1

繰り上げ返済を検討することが大事

どういった返済方式も、結局のところ、利息を長く払い続けてほしいと思っているローン会社のためにあるようなもので、早期に元本を返済し、金利の負担を減らすことが重要です。金利負担(利息)は、純粋に無駄なお金(ローン会社にしてみれば儲け)なので、払う額が少なければ少ないほどよいのはいうまでもありません。

どのビジネスローンも繰り上げ返済は可能ですので、資金繰りに余裕ができたなら早期返済をしましょう。「ビジネスローンは短期の資金繰り調整に便利」という当初のメリットを忘れ、「手元にキャッシュがある分には悪くない」と、返済をしない人もいますが、利息の負担が大きいことを忘れてはいけません。必要になればまた借りればよいのです。

金利について

固定金利が基本

ビジネスローンは、どこの業者も、基本的に固定金利です。(一部、銀行系のビジネスローンなど一部に変動金利もありますが、例外です。)

金利の高さについて

ビジネスローンを他の融資方法と比較するときに、ビジネスローンの弱点と思われるのは、やはり金利の高さです。とはいえ、ごく短期で返済する予定の場合、例えば1ヶ月以内に返済すると決まっている場合には、ビジネスローンとはいえ、金利負担はさほどでもないので、金利の高低を重視する必要はありません。それよりはむしろ、返済総額をしっかりと把握し、返済の各タイミングで返済金が用意できるよう、日繰り資金繰り表を作成するなどして、あらかじめ余裕のある返済計画をもっておくことが重要です。目先の資金は、あくまで目先の資金であって返済の当てのないローンは借りないほうがよいです。

事業用キャッシングカードを入手したからといって、目先の資金需要に対して、何でもかんでもビジネスローンを利用するのは得策ではありません。ビジネスローンを使いこなせるか、それとも使われてしまうのかは、経営者の性格や資質にかかっているといっても過言ではありません。