赤字決算でも融資可能なビジネスローンを探す

赤字決算といった一般的に融資が受けにくいと思われる状況でもビジネスローンなら融資を受けられる可能性があります。条件が悪い場合でも融資可能なビジネスローンの探し方、審査に通りやすくするための施策を紹介します。

赤字決算時でも融資してもらえるか

決算の内容が悪く、赤字決算でも、融資可能なローンは存在します。むしろ、赤字決算で銀行融資が使えないために、ビジネスローンを使っているというケースは多いです。ビジネスローンは、建前上「将来性や事業内容」を確認するため、直近の決算が赤字決算でも融資できるというわけです。たとえば、アイフル系のビジネクストは「当社は決算内容だけで判断しておりません。営業担当者までお気軽にご相談ください。」と記載しています。

一方で、東京三菱UFJ銀行「融活力」や三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は「申込時点において税金の未納がないこと。」と明記されており、このような場合には、門前払いになります。銀行系のビジネスローンは、赤字決算、税金未納、融資滞納には厳しいです。

返済余力があれば強い

一方で、一時点で赤字決算であっても、返済余力があると判断されるなら融資に応じてもらえる可能性は高くなります。「今儲かっているか」より「事業の継続性」が重視されるというわけです。何を重視するかはローン会社によって異なってきますし、審査の条件にも書いていない部分ですから、申し込みをして確認するしかありません。

  • 節税のために赤字になっているだけ
  • 不動産や設備などの保有資産が多くある
  • 他社や銀行から借りている現時点の借金総額が少ない
  • 経営者自身の返済余力が十分にある

担保を要求される場合も

ビジネスローンでも、無担保ばかりとは限らず、審査の結果、担保を入れるなら融資可能と判断される場合もあります。また、そうなってしまうぐらいなら、もともと不動産担保ローンや売掛債権ローンを探すというのも手です。担保を入れることで、審査が開ける可能性があがるだけでなく、融資可能枠も高くなります。

意図的に赤字にしていても要注意

節税のために、意図的に赤字決算か赤字決算ぎりぎりの決算を出している法人も多いです。たとえば、「繰越損失の残高をキープする」「材料や商品を多めに仕入れる」「車を買う」などやり方はさまざまですが、「利益の出ていない決算」をつくっている中小企業は多いです。もちろん、節税のためには有効な手法ですが、ビジネスローンで融資を受けたい場合には、これが足かせになってしまいます。というのも、ビジネスローンの審査はコンピュータに入力するスコアリングで行われます。スコアリングモデルは仕組みからして、企業の実態とは関係なく、表面的な書類上の数値が審査の対象となります。その結果、実態は健全な企業運営が行える状態であっても、「赤字決算になっている」という単純な事実により金利が高く設定されます。また、赤字の場合は不可という商品なら、確実に門前払いになります。

まとめ

条件が悪い場合には、そういった条件でも審査可能と明示されているローンに審査を出してください。1社がダメでも、他社にあたるのも大事です。

こういった場合にも、銀行系ローンは、通らない(あるいは審査してもらえない)可能性が高いので、最初からローン会社検討の対象外にするとよいでしょう。また、提出書類は、経営者のやる気が疑われるような書き方だったり、誤字脱字が多くあるなど、審査担当者の心証を害することが無いよう細心の注意をすることも大事です。