法人カードとビジネスローンの違い

ビジネスローンに似たローンのひとつに法人カードがあります。法人カードにはキャッシングの機能がつけられるためビジネスローンと似た使い方をすることができます。とはいえ、ビジネスローンと法人カードローン、それぞれ特徴や違いがあります。こういうときには、こちらを使ったほうが便利という違いを紹介します。

法人カードとは

法人カードは、要するに、会社向けのクレジットカードです。ビジネスローンと似たサービスとしてキャッシングの機能があります。法人カードは、クレジットカードなので、これで物品の購入を一元化することで経費の「見える化」につながり、経費節約の一助となるのが大きな特徴です。また、クレジットカードですので、ポイント還元サービスや空港ラウンジの利用といった、付帯サービスがあるのも特徴です。なお、いわゆるカードローンは、個人向けのもので、借りた資金を事業のために使ってはいけません。

法人カードとビジネスローンの違い

法人カードの一番のメリットは経費管理ができることですが、キャッシング機能をつけることができ、これがビジネスローンと似た資金調達の方法となります。ここでは、資金調達(キャッシングローン)の観点から、法人カードとビジネスローンの違いをご紹介します。

  • ビジネスローンの融資可能額と比べるとキャッシングの利用枠は小さめ
  • いつでも審査なしでキャッシングできるため、ビジネスローンより利便性が高い場合もある
  • 年会費が必要なカードもある