銀行系ビジネスローンの特徴と見分け方

無担保ビジネスローンは、一般的にノンバンク(消費者金融)が提供するサービスと思われていますが、最近は、銀行や信販会社などさまざまな金融機関が事業者ローン事業を展開しています。

「銀行のビジネスローンは金利が低そうなので借りてみたい」という方も多いですが、消費者金融のビジネスローンと何が違うのでしょうか。このページでは銀行系ビジネスローン商品の特徴、審査基準、実は同じ「銀行系ビジネスローン」でも種類があるという点を紹介します。

銀行系ビジネスローンと消費者金融のビジネスローンの比較

一般的に、銀行系のビジネスローンは、融資条件はよい(金利が低めで、融資期間も長めに設定してもらえることが多い)ですが、審査が厳しく、審査にかかる日数も長めです。

銀行系ビジネスローンの金利は、ノンバンクのビジネスローンより大幅に低く、通常の銀行融資よりやや高い程度になっています。それはつまり逆の視点からいうと、審査の基準も通常の制度融資並みに厳しいということです。そんなわけで、ノンバンクのビジネスローンのほうが審査は通りやすいと言えます。ノンバンクのビジネスローンと比較をすると以下のようになります。

ノンバンク 銀行系
赤字でも可能な場合も。
業暦が短くても利用可能な場合も。
WEBのみ。来店不要も。
赤字、税金未納は不可
業暦は2年以上のところが多い。
来店が必要。エリア限定
金利は高い
融資可能額は低い。
(多くて一千万。普通は500万円程度)
金利は低い。
融資可能額は多い
(5000万円まで可能なところも)

銀行の営業エリアが対象

銀行のビジネスローンはエリア限定になっている点にも注意が必要です。その銀行の営業エリア内にある会社を対象としたサービスなので、いくら融資条件が良さそうに見えても、会社の所在地が遠方なら審査してもらえません。また、審査の際には、銀行に来店するか、銀行員が来社するといった手続きが必要です。

銀行によっては消費者金融(ノンバンク)と提携している場合もある

最近は、銀行が販売するビジネスローンのかなりの割合が、ノンバンク提携型のビジネスローンになっています。この場合、銀行は販売窓口になっているだけで、審査基準や金利などは、ノンバンクの基準でサービスが提供されます。(上記の表では左側になる。)

さて、直営のビジネスローンか提携型のローンかの見分け方ですが、ローン申し込み説明書に、「保証会社○○(消費者金融の会社名)の保証が受けられる方」、「審査は○○(消費者金融)が行うため個人情報を情報提供します。」といった記載がある場合には、ノンバンクと提携したローン商品であることがわかります。金利も8-15%程度と比較的高い金利になっているはずです。

銀行の都合で審査基準がころころ変わる可能性がある

銀行系ビジネスローン(特にメガバンク系)は、銀行のおかれている状況によって、ビジネスローンへの注力度が変わるという点も念頭においたほうがいいでしょう。「前回と同じ条件で審査に出したのに、なぜか今回は融資がおりない」ということも多々あります。

過去の事例でいえば、国の政策(震災直後など)で中小企業を支援しなければならない時期や公的資金を返済するために手っ取り早く収益を稼がなければいけなくなったときには、中小企業に多く融資して貸し出すが、全般的に景気が悪いときには、いわゆる「貸し渋り」「貸し剥がし」をすることもあるというわけです。

借りたい人には理不尽でしかないですが、ホームページにビジネスローンの紹介があっても、実際にはほとんど貸し出しをしていない時期すらあります。大手銀行にとって、中小企業向けのビジネスローンは収益性は高い反面、手間とリスクが伴うものです。融資担当者にしても、融資額が数千万円でも、50万円でも同じ店内決済手続きをしなければならず、比較的小額融資である多いビジネスローンは面倒な仕事と思っているふしもあります。そんなわけで、普段は積極的に販売せず、問い合わせがあった場合にのみ紹介するというケースが増えています。

継続した利用が難しくなることも

上記のとおり、景気や銀行の事情により、貸し出し枠が変わってきますから、あるとき突然に融資がおりなくなることもあります。また、ノンバンク提携型でも、銀行と消費者金融と提携を解消したことで、商品がなくなるということもあります。もともとビジネスローンの金利は高いので、常に運転資金として使い続けるのは、あまりよい使い方ではありませんが、あるとき突然、新規融資が途絶えても運転資金に問題が発生しないように備えておく必要があります。資金調達先を多様化するために、ノンバンク系ビジネスローンなどの情報収集も行っておくことが必要でしょう。

まとめ:銀行の販売姿勢によって借りやすさが違う

まとめると、銀行直営のビジネスローンは制度融資の延長上にある商品だということです。つまり、普通の融資でも借りられる体力はあるが審査を急ぎたい、無担保ローン貸し出し枠を残しておきたいといった理由で、お守りのようにビジネスローンを使うといったケースです。おもしろい点ですが、銀行によっては、ビジネスローンで融資した金額は、その銀行がひとつの会社に無担保で融資可能な金額の総額(無担保ローンでの貸出枠)に含めないことがあるそうです。つまり、ビジネスローンで借りておけば、次回決算まで自由に使える本来の銀行融資枠を残せるというわけです。

直営、ノンバンク提携のどちらであっても、銀行がビジネスローンを積極的に販売していないときには、ふだんから取り引きのある会社のための便利なサービスとして提供していたり、または、問い合わせがあったときにだけ紹介する隠し商品という位置づけだと思ったほうがよいです。

日ごろ取引している銀行のビジネスローンを利用

というわけで、日ごろから取引している銀行や信組に、ビジネスローン商品があるなら、利用の可否を問い合わせてみてもよいでしょう。会社の状態によっては、ノンバンクのビジネスローンより有利な条件での融資が可能かもしれません。